『橋を渡ったら泣け』@Bunkamuraシアターコクーン
お久しぶりな「観劇」カテゴリ。

千秋楽だー♪とあまり深く考えずに取ってしまった、チケット。
3月に入って、「この日程やばくね!?」とようやく気づいた私。
でもー、久々の舞台だし、大倉孝二だし、どうしても諦められないので、
強行突破でみんなの冷たい視線を浴びながら午後休で行って参りました!
お仕事は無事に昨日の段階で幾分かは落ち着いたのでね。

もう、役者さんがツボだし(大倉孝二にやっしーに六角さんに戸田さん!)、
『吉原御免状』以来の舞台だし、本当に楽しみで。

席も個人的にツボ席でした。
あそこの席大好きなのよね。

以下、メモ的感想。



『橋を渡ったら泣け』

---目が覚めたら周りは海だった・・・・・・。
 
 明日かもしれない近未来、日本は未會有の大災害に襲われた。
生き残った数少ない人間は、何の情報も救助もないまま、
瓦礫の中、自分たちの力で生きていくことを迫られた。
 1カ月以上が過ぎ、ここ信州・乗鞍岳では、
4人の男と3人の女がコミュニティーを作り、共同生活を送っている。
人々は、つきとめられない原因を考えるより、現状を受け入れ、
とにかく生きていくために冷静になることを選んだのだ。
彼らは、未来への緩やかな絶望を身につけながらも、
意外とのんびり暮らしている。
 そんなある日、そこにひとりの男がやってくる。
パンダの観光船で流れ着いたというその男は、自分達以外にも生きている人間がいたという希望と、
閉鎖し始めていた集団に新しい風をもたらすのだが---(抜粋)

作:土田英生
演出:生瀬勝久

出演:大倉孝二、奥菜恵、八嶋智人、小松和重、鈴木浩介、岩佐真悠子、六角精児、戸田恵子



観ていて、先が読めると言ったら読める内容なのだけど、私は好きですね。
おバカちゃんな私は普段、「最終的に何が言いたかっただろうか?」状態がしばしば。。。
だって、舞台の脚本って深すぎるのが多くて、最後の最後で「ハテナ?」で終わってしまい・・・
だけどこの作品はとっても分かり易く、役者さんの細かな演技もこぼさず観ることが出来た感じで、
私としては大満足です。

小さな集団における「規律」と、それらのイニシアチブを誰が取るのか・・・
そのあたりが焦点となるわけですが、
最終的に大倉孝二演じる佐田山が統制を取り始め、
そこからは舞台特有の主役転落の物悲しい締めなんだろうなぁ、
それだったらイヤだなぁ・・・と勝手に想像。
しかし今回は違かった!
ちゃんと明るい希望ある終わり方でほっとしました。

佐田山はあの橋を再び渡って、泣くのだろうな。


やっしー演じる井上が何かしでかすのではないか?とか思ってたのだけど、
無事にそれもなく、あのなんとも微妙な理解度が少なからず救いを与えてくれたような・・・
やっしーが脇役過ぎるとの意見もちらほら聞こえましたが、
私は、かなり重要な位置づけだったのでは?と。

大倉孝二はやっぱりツボ過ぎる!!!
本当に好きな演技をされる役者さんです。
『赤鬼』『消失』と舞台で観るのは3度目ですが、観る度にこの人の演技が好きだなーって思います。
(『赤鬼』は舞台自体が神でした)
それにしても・・・最近かっこよくなりましたよね。
背も高いし(確か阿部寛と同じ)←?
良席だったため、細かな動きや表情もしっかり見えたので本当に見入ってしまったなぁ。

戸田さんはさすがの貫禄。
小声のシーンでも声がちゃんと届くんだな、これが。ホントすごい。
ただ最後に本当に心残りになったのが・・・
カーテンコールで全く笑顔を見せてくれなかったのですよ。
私としては、「あの戸田さんが何故!?」とモヤモヤモヤモヤ・・・
何かあったのかなぁ?本番中誰かと揉めたとか?
千秋楽だっただけにかなり引っかかっております。

奥菜恵演じる八代は天然・空回り的な役所なのですが、
途中何度か「藤谷美和子みたい」と思ったシーンが。
まさに!!って感じで個人的にはツボでした。
ラスト前のやっしーとのシーンが非常に好きだなぁ。
今回生で観て、恵ちゃん、ちょっと好きになりました(ほら、色々言われてるじゃない?彼女)。
いい意味で男性を虜にさせちゃうポイントがわかった気がした(笑)

休憩無しの2時間14分34秒(だっけ?←開演前に生瀬さんが場内アナウンスで秒単位まで言ってた・笑)。
いつも中だるみしがちな私でもグイグイのめり込むことができました。
(寝てしまってた人もいたようだけど。。ホント、舞台は好き嫌いがありますからね)
席の位置もあったのだろうけど、本当に楽しかった!

ちなみに、カーテンコールは千秋楽だけあって、何回やっただろうか?
途中やっしーが「もう終わりだよ!」的な事を叫んでたもんね(笑)
生瀬さんもご挨拶に出てきてくださりました。

いい作品をありがとうございました!
[PR]
by s-scene-coby | 2007-03-29 23:59 | ◆観劇


<< そこにもここにもノブシコブシ。 腹筋、始めました。 >>