映画『逃亡くそたわけ -21才の夏-』
昨日は渋谷に行ってまいりました。
渋谷に行く用事があったので、せっかく行くなら他に何かないかなと調べていたら…
観たいな~と思っていた、映画『逃亡くそたわけ』の公開初日!(九州では先行公開)
しかも主演俳優さん+監督の舞台挨拶あり!

吉沢悠~ ☆☆☆

というわけでぴあでチケットとって、
ひっっさしぶりに正規の値段で観てきたよ(笑)

場所は渋谷Q-AXシネマ。
ミニシアターらしいのだけど新しいしかなりステキな映画館。

d0008457_22484783.jpg

(シアター前のポートレート・・・ぶれました。。)

幻覚幻聴に悩ませられる躁患者の花ちゃん(美波)と
鬱患者のなごやん(吉沢悠)が精神病院から逃亡し、
九州の様々な土地をおんぼろ車(なごやんのルーチェ)で旅をしながら、
心<脳>の葛藤とともに自然や人々との関わり合いを通じて、何かを感じ取っていく…
というお話。

邦画独特の難しさもなく、ただ純粋に二人のさまが描かれていて、
私の独断意見だけど、今まで観た邦画の中で一番好きかもしれない作品。

精神病患者が主人公だけど明るく描かれています。
強烈なキャラクターもでてくるし(笑)

でもやっぱり、私にとって心が痛むシーンも。
他人ごととは思えないよね。
躁でも鬱でもないまた別の病だけど、
落ち着いて映画を見られるように、と直前に飲んだ薬の名前が登場したときには・・・やっぱり痛かったよ。

不安で不安でたまらなくなる瞬間がある。
このままどうなるんだろう? って。
それは病気だけでなく家庭の事もだけど・・・映画観てる時も色々考えたよ。

精神病だからって彼氏に逃げられた花ちゃん…私もそんなことがあったな。

でもラストを観て、何かの転機になるんじゃないかな?と思えたんだ。
もしかしたら何かを変えられるかもしれないって。
強く強く感じたんです。
多分私にとってすごく大切な映画になるんじゃないかな。

Theピーズの主題歌がまたいいんだ、これ。
阿蘇や大分の風景もまたなつかし。


さてさて上映後は舞台挨拶!!
美波ちゃんは白のワンピがとっても似合っていて、本当に激かわゆい。
そして吉沢悠くんは顔ちっちゃーっ!!!
働きマンでも随分痩せたなって思ってたけどかなり頬がこけてました。
でも本当にステキすぎたー。
「立ち見のお客さんまでいらっしゃって、とても嬉しい。
笑っていいともで宣伝した甲斐がありました(笑)」と笑顔で。
会場をじっくり見渡すもんだから・・・もう、ねぇ、よしざわさんったら!って感じです(もう意味不明)

あとは我修院さん!(笑)
普通に記憶喪失の話してたよ(若人あきら・・・懐)

とにかく本当に心が満たされた。
私にとっては大満足の作品でした。

d0008457_22581191.jpg

会場前に展示してあったなごやんのルーチェ。
後ろの人は心霊写真じゃないからね(笑)


その後ようやく本題の用事。
歩道で怪しい人と化すあたし。。
某所で開催されていたオーガニックマーケットで色々といただいてきました!
昨日はありがとうねん☆>私信

d0008457_231776.jpg

焼き芋ホクホク☆ 美味しかった~っ!!!

帰りに大好きなパンをホール買いして岐路につきました☆
今日は一日中このパンをつまみながらの生活でした。
イチジク大好き☆


ほら、やっぱり吐き気が少しよくなってる!うれしい。


そして。
例のまたまた招待制フリーライブです。
昨日の夜から色んな件でワタワタ(苦笑)
とにかく!!!今はやっぱり観たい。観て行きたいから。
「答えが出なかった」って部分には一瞬コケそうになったけど、
答えが出てなくてよかったって気もするんです。

お願いします。当たってほしい。
[PR]
by s-scene-coby | 2007-10-21 22:32 | ◆徒然・・・


<< 星降る夜。 いやー・・・フクザツ。 >>